人気のオリジナルブルゾンは業者に依頼しよう

チームの結束力を高めるアイテム

オリジナルのアイテムはチームを団結させるには必須のアイテムです。盛り上がるイベントに花を添えてくれるだけでなくメンバーを判別するための目印にもなります。メンバーの名前や開催年を記載すれば毎年重なる素敵な思い出です。

注文方法の流れをチェック

ユニフォーム

大枠を決めて見積もりをもらう

まずは見積もりをもらいます。Tシャツ、ブルゾンなどの服の形を決め、素材を決めるとデザインのない素の状態の金額が分かります。枚数を決めてデザイン料が乗るとほとんど正式な料金と変わりません。

オリジナルのデザインを決める

次にデザインを決めます。自分で作りきることができればデータを持ち込むだけで済みます。悩むようであれば印刷業者の手を借りましょう。テンプレートが借りられることもあれば、多少の助言がもらえることもあります。

業者に印刷を依頼する

印刷はできるだけ早く依頼をするに越したことはありません。早割が聞けば価格も安くなります。印刷が仕上がった後、メンバーに配布することまで考えれば時間があった方が得策です。

納品されたものを確認する

業者もきちんと仕事をしてくれますが何らかの間違いがあることもあります。納品されてきたものはすぐに確認しましょう。枚数が少なければメンバーに渡す前に確認してしまいます。枚数が多い時は確認を各自に委ねますが必ず着ての確認を依頼します。

人気のオリジナルブルゾンは業者に依頼しよう

男性

オリジナルブルゾンが欲しいなら専門業者にお任せ♪

Tシャツを着るには寒い時期にはオリジナルブルゾンにすると作った服を目印のまま活用できます。生地が厚い分、自分で印刷するのは難しくなります。無理をせず専門業者に任せるのが安心です。刺繍を請け負ってくれることもあるのでデザインの幅も広げられます。

色見本

作成に掛かる費用はいくらぐらい?

ブルゾン自体の値段が必要なのでTシャツやタオルよりは少し値が張ります。それでもデザインのない素の状態で1000円程度から用意されています。そこにプリント代金と刺繍代が加算されて1500円くらいになるのが相場です。裏地が付くともう500円から1000円ほどプラスされるので使う時期を考えて判断しましょう。

複数の服

賢い作成業者選びのポイント2つ

業者選びにはサンプルを見せてもらい実績を確認するのが一番です。プリントの具合や色見本との差を確認することができます。差の大きい業者は後々のトラブルの原因にもなるので選ばないようにします。見積もりやデザインの相談時の店員の態度にも気を付けます。製品以外の部分が結局製品に跳ね返ってくるので注文するまでしっかり見ておきましょう。

ニーズに合ったオリジナルブルゾンを選ぼう

デザインはもちろん、素材などにも気を配ってオリジナルブルゾンを作りましょう。イベントの時期、着るメンバーなど考慮すべき要素を落とさないようにします。大事な思い出になる一枚だからこそ時間をかけてしっかりと作るのが正解です。