コストパフォーマンスにこだわって注文しよう

オリジナルTシャツを作るなら無地Tシャツを賢く使いましょう。枚数が増えれば1枚当たりの価格も下がります。店頭よりもオンラインで買う方が安く買えます。送料や手数料にも注意して1枚当たりの単価をしっかり計算して購入しましょう。

オリジナルTシャツを作る理由ランキング

レディ
no.1

メンバーの一体感が得られる

何よりもみなで同じものを着ることでエネルギーが得られます。全員で同じ衣装をそろえることで一体感を得ることができます。イベントに欠かせない当日の団結力に思いのほか貢献します。

no.2

素敵な一日の記念になる

イベントが終わった後も形として残るのがTシャツの素敵な点です。着るたびに楽しかった一日を思い出すことができます。メンバーの名前やイベント名を入れて毎年枚数が重なっていくのも歴史になります。

no.3

細かいアレンジで個性が出せる

オリジナルTシャツで一体感を出した後は若干アレンジして個性を出してみるのも面白いです。袖を細く切ってフリンジにしてみたり、裾を結んで少し短くしてみると自分専用アイテムになります。

no.4

わかりやすい目印になる

同じ衣装になればそれなりに目立ちます。混みあうイベントにもなればメンバーを早く見つける目印になります。スタッフにTシャツを着せればお客さんと区別できる指標になります。

no.5

一緒に楽しめるプレゼントになる

お客様にも一体になってほしいようなイベントであればプレゼントにもできます。衣装で感じる一体感をその場の人と共有すれば盛り上げに一役買ってくれます。

激安業者に依頼してお得にオリジナルTシャツを作成しよう

Tシャツ

お得にゲットするために

予算がないからといってオリジナル作成をあきらめてはいけません。納期に余裕をもち、デザインもある程度業者のテンプレートから選ぶと余計な費用がかかりません。激安である分、融通が利かないこともありますが通常通りのルールを守っていれば何の不自由もありません。

服

注文前に気をつけたいこと

オリジナルTシャツをプリントする際は追加印刷がでないようにしましょう。大量に1枚刷る場合よりも単価が上がることが多いです。また季節にも気を付けます。寒い時期でTシャツの上に1枚羽織ってしまうとせっかくのデザインが見えなくなります。

機械

他にも欲しくなるアイテムがいっぱい!

自分たちで作れるのはTシャツだけではありません。上着はブルゾン、下は鳶服まで作ることができます。特に寒い時期にTシャツ1枚は辛いのでオリジナルブルゾンを作ることも視野に入れましょう。選べるポイントはほとんど変わらないのでTシャツと同じ要領で作ることができます。

おすすめのTシャツ作成業者の特徴は?みんなからの口コミを紹介!

色見本

デザインテンプレートに助けられました

オリジナルTシャツを作るのは初めてでとにかくデザインに困っていました。自分たちで描くことは難しかったのでデザインテンプレートの豊富な業者さんを選びました。すでに用意された色と形から選ぶだけで済んだので楽しく考えながら作ることができました。

急な追加にもご対応いただけました。

100枚を超えるTシャツの印刷が必要だったので枚数が増えるにつれて単価の下がるTシャツ作成業者を使いました。正式に発注した後、どうしても枚数を増やす必要があり申し訳ない気持ちで相談したところ快く増加分を同じ単価で刷っていただけました。